こんにちは、赤鳥居の戸谷(とたに)です。

婚活で優しいパートナーを見つけた私が、みなさんに結婚相談所の魅力や結婚・恋愛についての「婚活コラム」をお届けします!

婚活をしているからには、良い人に出会いたいと思うことは当然です。

けれど、頑張っても頑張っても状況が変わらない状況が続くと、やがてこの思いも薄らいでしまい、婚活をすることに疲れてしまうこともあります。

そうならないために、今のうちにその悩みを解決しましょう。

良い人に出会えない!と感じる理由は?

あなたが良い人に出会えないと感じてしまう理由について考えたことはありますか。

「ときめくような良い人がいない!」は、本当の理由ではないかもしれません。

あなたの良い人のレベルが高すぎるから

「理想が高すぎる」と言い換えることもできるでしょう。

そもそも人が魅力を感じる人は限られています。

学生時代、全生徒のうち好きになる人は、ほんの一握りでしたよね。

そのうえ、いろいろな条件に当てはまる相手だけをパートナー候補として考えるのであれば、なかなか良い人に出会えないと感じてしまってもおかしくありません。

なにごとも理想を挙げればキリがないのです。

年を重ねてきているから

婚活市場では、年齢が若いほど有利な傾向があります。

結婚適齢期の男女は結婚をしようと積極的ですし、同年代を希望する人も多く、やはり40代よりも30代、30代よりも20代の方が出会いは増えるといえるのです。

もし良い人と出会えないと感じているのであれば、あなたが年を重ねていることで出会いが減っている可能性がないか考えてみましょう。

また、あなたが希望する相手の年齢の幅を変えてみることも、おすすめします。

出会った人の良いところを見ていないから

今までの婚活では、どのような人に出会い、その人のことをどのように見てきたでしょうか。

どの人にも良いところがあり、そうではないところがあります。

けれど、その人の嫌なところばかりに目を向けてきませんでしたか。

婚活は、相手の良いところにどれだけ気づくことができるのかによって成功するかどうかが決まるといっても過言ではないのです。

短期間でパートナーとして考えられるかどうかを決めるのですから、目につきやすい嫌なところばかりを見ていれば良い人が見つからないのは「当然のこと」といえるでしょう。

もちろん相性の問題もあるので、すべての人の良いところを見つける必要はありません。

けれど、せっかく出会った人なのですから、嫌なところも良いところに変換できないか考えてみてはいかがですか。

婚活に積極的ではないから

「良い人がいない」と思っていることこそが、受け身の考えであるといえます。

極端に言えば「周りの人が私を幸せにしてくれる」と思っているところは、ありませんか。

あなたが先に良い人になって、その魅力をアピールするくらいの積極さで婚活に集中してみましょう。

すると、出会う異性の数が増えるので、真実のパートナーに出会う確率も高くなっていきます。

相手からのアプローチを待っているだけでは婚活は進みません。

短期決戦を目指して、チャンスを掴みにいきましょう!

ともに成長していくという発想がもてていないから

出会ったその場で「なんて素敵な人なんだろう」と恋に落ちるのが理想ですが、ご存じの通り、このようなことは滅多にありません。

そのため、このような出会いがないことを「良い人がいない」と言っていては、婚活は成功しないのです。

そこであなたにもってほしい考え方があります。

「出会った異性は100%理想の人ではないけれど、この人を100%理想の人にすればいい」というものです。

あなたが思う「~してほしい」を理解してもらえれば、良い人に近づいていくでしょう。

また、あなた自身も相手の100%理想の人ではなく、完璧な人などいないということも改めて理解しておかなければいけません。

婚活で良い人がいないと悩んでいる人の多くは、このような理由でこの考え方に陥りがちです。

今、良い人に出会えていないということは、今のままのスタイルで婚活を続けていては状況が変わらない可能性は高いでしょう。

良いと出会えないという悩みはよく耳にする悩みですが、どのような婚活スタイルでもいい人は必ずいます。

あなたにとって、たった一人の真実のパートナーとの出会いのチャンスもあります。

良い人に出会えないという先入観を捨てるところからスタートしていきましょう。

朱鳥居名古屋では、占いによる理想のお相手探しをしています。

相性の良いパートナーと結婚したいとお考えの人は、無料相談からお気軽にお問い合わせください。

お見合いをおすすめする根拠も分かりやすくお伝えし、あなたの理想のお相手探しのお手伝いをさせて頂きます!

おすすめの記事