こんにちは、赤鳥居の戸谷(とたに)です。

婚活で優しいパートナーを見つけた私が、みなさんに結婚相談所の魅力や結婚・恋愛についての「婚活コラム」をお届けします!

婚活をしている男性のなかには、子どもがほしいという希望を抱いている人も多いのではないでしょうか。

婚活そのものが結婚を前提に行うものなので、素敵なママになりそうな人とお付き合いしたいと考えるのは当然のことです。

けれど、実際に女性と会ってみても「思い描いているママになる女性かどうかの判断」は意外と難しいものだと感じませんか。

そんなあなたのために、素敵なママになる人に見られる特徴をお伝えします。

素敵なママになる女性に共通する特徴10選

婚活で出会う女性がこのような特徴に当てはまるか意識しておくといいでしょう。

素敵なママになる可能性が高い女性に共通する特徴は、こちらです!

子どもが好きで子どもからも好かれやすい

素敵なママになる女性と結婚したい場合、子ども好きな女性であることは必須条件となります。

基本的に女性には母性本能が備わっているといわれて入るものの、母性本能にも程度があり、子どもは好きだけれど、どこか距離をおいているような女性もいるからです。

そのため、「子どもが好き」という言葉だけでは、母性本能が強く素敵なママになれるかどうか見極めることは難しいといえます。

ただ、実際に子どもと接しており、機嫌の悪い子どもと接しても「可愛い」と感じたエピソードを話す女性については特別です。

普段の会話で女性が子どもと接した内容を話す際は、子どもからの目線で話を聞いてみると良いでしょう。

また、女性は子どもが好きでも、子どもから好かれているとは限りません。

子どもと話す時には子どもの目線に合わせて喋っているかどうか、すれ違う子どもに対しても配慮があるかどうかなど、普段の女性の行動も参考にしましょう。

いつも笑顔で明るい

子どもは笑顔でいる大人に懐きます

大人同士でも、笑顔でいる人の傍にいたいと感じますし、笑顔の人と親しくなりたいと思いますよね。

敏感な子どもであれば、なおさらです。

婚活がうまく進んで結婚したとしても、ママに笑顔がなければ温かい家庭は築けないでしょう。

素敵なママになれる人にも、明るい家庭を築くことができるパートナーでも、同じ特徴が見られます。

この「いつも笑顔で明るい」という特徴は共通しているといえませんか。

聞き上手である

話を聞いてもらえるということには、大きな安心感がありますよね。

幼い子どもにとって存在の大きいママが何受け止めてさえくれれば、自信をもって何でも挑戦していくことができます。

特に、褒めることや励ますことが得意な女性は、子どもの良いところに目が向きやすく、素敵なママになるでしょう。

これはあなたに対しても同じです。

あなたが落ち込んだ時に話を聞いてくれる女性にも「聞き上手」という特徴が当てはまるはずですよ。

気配りができる

子どもは自分の思いを言葉にするのが苦手です。

泣くことはできますが、何が嫌で何が悲しいのかといったところまで伝えることは難しいでしょう。

そんな時は女性が得意とする「察する力」が役立ちます

察する力を使うことで、言葉で伝えられなくても子どものしてほしいことを察し、さりげなく行動をしてあげることができるのです。

このような女性は、普段から相手の表情を読み取ったり、細かな行動を見ていたりすることが多いもの。

その女性は、あなたが今からしようと思っていたことをさりげなく行動してくれていませんか。

言ってほしいと思っていた言葉を言ってくれることはありませんか。

こういうシーンが何度もあるのであれば、素敵なママになる特徴をもっている女性だといえます。

家事全般ができる

家事ができるかどうかは、子どもを育てるうえで重要なことの1つでしょう。

好きである必要はありませんが、最低限の家事ができなければ、子どもが心身ともに健康に育つことは難しいかもしれません。

普段のデートで全てを知ることはできないかもしれませんが、このような特徴を知ろうと意識を向けておくことは大切です。

女性がすべて家事を担わないとしても毎日の生活に欠かせないことなので、子どものためにも兼ね備えておいてもらいたいことではありますよね。

家族を大切にしている

女性が家族のことを話す内容は、どのようなものが多いでしょうか。

楽しいことや面白かった時のことを話す女性は、表情も楽しそうですか。

家族のことが大好きで、家族を大切にしている女性は、家族の話をする時に自然と明るい表情になります。

これは、女性にとって家族というものが安心の場である証拠

あなたとの家庭も、家族にとって安心の場となるように心がけてくれることでしょう。

まだそれほど打ち解けていない段階であっても、家族のことを尋ねられるのが婚活の良いところ。

この話の流れから、ふたりの将来のことも真剣に話し合えるといいですね。

常識がある

幼い子どもにとっては、ママは世界の全てです。

そして、ママがすることを見て「これが正しい」と学びながら成長します。

もし間違った正しさを学んでしまえば、子どもは周囲から非常識な人だという目で見られてしまうかもしれません。

このようなことを考えると、ママには常識が求められる理由がよく理解できますね。

なんでも完璧にこなす必要はありませんが、基本的な常識は身につけている女性が素敵なママになるといえるでしょう。

人のお世話をすることが好き

当たり前のことではありますが、子どもは自分では何もできない状態で生まれてきます。

すべてをママが担うことになるので、子育てはとても大変なものであり、誰もが不安とストレスを抱えます。

けれど、人の世話をすることが好きな女性は、子どもの世話をすることに過度な抵抗を抱きません

大変だとは感じながらも、子どもの成長を楽しみながら一生懸命に子どもの世話をしようと行動します。

人のお世話をすることが好きな女性は見返りを求めませんし、貢献したいという「人に尽くしたい女性」であるといえるでしょう。

臨機応変に対応できる

子どもは親の思い通りに動いてくれるわけではないため、子育てには臨機応変さが求められます

アクシデントが起きた際には瞬時に適切な判断をする必要があります。

たとえ子どもに部屋を散らかされたとしても、服を汚したとしても、笑うくらいのおおらかさも求められるでしょう。

状況を見ながら、子どもを叱る強さや、冷静に対応できる能力も必要です。

デート中に起きた出来事に対し、女性がうまく対応できていたのであれば、素敵なママになる素質があるといえますね。

感情の起伏が少ない

日頃から小さなことで怒ったり落ち込んだりする女性は、子育てに向いているとはいえません。

ママには「ま、いっか!」といえる心の余裕も必要です。

「完璧な人などいない」と考え、感情を投げつけない寛容さを兼ね備えた人がママには求められるといえるでしょう。

このような人には謙虚な人が多く、子どもとも対等に接することができます。

朱鳥居名古屋では、占いによる理想のお相手探しをしています。
相性の良いパートナーと結婚したいとお考えの人は、無料相談からお気軽にお問い合わせください。
お見合いをおすすめする根拠も分かりやすくお伝えし、あなたの理想のお相手探しのお手伝いをさせて頂きます!

おすすめの記事