こんにちは、赤鳥居の戸谷(とたに)です。

婚活で優しいパートナーを見つけた私が、みなさんに結婚相談所の魅力や結婚・恋愛についての「婚活コラム」をお届けします!

結婚相談所で出会った人と仲良くなるにはデートを重ねることが、とても大事です。

ただ、頻繁にデートをすることが難しい人も多いでしょう。

そんな時のコミュニケーションツールのひとつがLINEですよね。

もし思うようにLINEが盛り上がらないと感じている場合は、こちらの解決法を試してみてください。

うまくLINEを使ってふたりの距離を縮めていきましょう!

LINEを盛り上げるためには「楽しむ」を重視する!

結婚を視野に入れた交際をしている相手であれば尚のこと、LINEがうまく盛り上がらないという状況は気になりますよね。

次に会った時にぎこちなくなるんじゃない?

もう会いたくないって思われるかも?

こんなことを考え始めればキリがありません。

LINEで盛り上がるには、まず、この考え方を変え、あなた自身が「やりとりを楽しむ」必要があります。

あなたがビクビクしていては、LINEの文章にその気持ちが表れてしまい、男性が身構えてしまうかも知れません。

そうすると、ますますLINEで盛り上がることが難しくなってしまうでしょう。

いろいろと考えてしまって楽しむことができないと感じる時も、楽しもうとすることは忘れずにいてくださいね。

まだ知り合って間もない関係ですから、相手がどんな話題であれば話しやすいのかなんて分からないのは当たり前です。

いろんな話題を振って、相手の様子を見ながら話題を変えていくスタイルで構わないので、難しく考えずにやりとりすることをおすすめします。

スムーズにLINEのやりとりを続けるコツは?

LINEが盛り上がるときというのは、テンポよくスムーズにやりとりが続く時です。

このような状況を作るためのコツを5つお伝えしましょう。

不自然ではない程度に質問をする

相手からのLINEの内容に質問をしてあげると、相手も返信がしやすいので、やりとりが続きやすいです。

あまりにも質問ばかり続くのは不自然ですが、質問から話が広がることは多いので積極的に質問していきましょう。

この時のコツは、答えやすい質問をしてあげること、そして「はい・いいえ」で答えが終わってしまわない質問をすることです。

できれば、相手が話しやすい話題についての質問が理想ですね!

いつもどんな話題を話しているのか思い出しながら質問してあげるといいでしょう。

私は婚活中のやりとりで「いつも返事しやすいメッセージをくれてありがとう」と数人の男性に言われたことがあります。

そして私が心掛けていたことも「質問をする」ということです。

相手が話をしている内容を掘り下げるようなかたちで質問していました。

これは相手のことも知ることもできて一石二鳥なんです!

短い文章で簡潔に!

ビジネスメールなどのメールに慣れてしまっている男性と、女性同士とのやりとりと同じ感覚でLINEを送っている女性に多いのが、長文のLINEでしょう。

長文のLINEは見るだけで読むのが面倒な気持ちになってしまう人が、とても多いのです。

また、長文のLINEはいくつもの内容が一気に届くので、すべての内容に返事しなくてはと考えると返事に困ってしまうこともあります。

どうしても伝えたいことがあるなら、会った時に伝えるのはどうでしょう。

会った時に言葉で伝えた方が、相手の表情も分かりやすく、あなたの気持ちが伝わりやすいものですよ。

自分のことばかりを話さない

まだお互いのことをあまり知らない関係の時には、自分のことも話す必要があるでしょう。

自分のことを知ってもらわなければ関係は発展しませんし、興味をもってもらえるきっかけを逃してしまいます。

ですが、だからといって相手が尋ねもしないのに自分のことばかり話すことは、良い印象を与えません

「自分勝手」「気遣いができない」といった人だと敬遠されてしまう可能性は高いでしょう。

基本的には、聞かれたら答えるというスタイルでLINEのやりとりをするように心がけることが、スムーズにやりとりを続けるコツです。

質問が来たら同じことを尋ねる

例えば、相手から「食べ物で何が好き?」と聞かれたとしましょう。

あなたが「ハンバーグが好き」と答えるとしたら、その時に相手にも同じことを尋ねるのです。

「私はハンバーグが好き。あなたはどんな食べ物が好き?」というように聞き返します。

お互いの共通点も見つかりやすく、どちらも同じくらい自分のことを話せるのでスムーズに話が進みやすいです。

デリカシーのないやりとりをしない

結婚相談所での出会いのメリットのひとつとして、相手のことをある程度知ってから交際に進むことができるということが挙げられます。

一般的な恋愛関係では、なかなか年収のことなどのナイーブな質問はできないでしょう。

ですが、もっと知りたいと思うことが出てきた時、少し立ち止まって考えてみましょう。

それは「デリカシーのない質問」ではありませんか。

特に金銭的なことや家族のことに関して深入りすると、相手を不快にさせてしまうかもしれないですよね。

結婚相談所を通して聞くことはできないか、もう少し関係が進んでから聞いても良いのではないかなど、改めて確認をするようにしましょう。

LINEを交換して距離を縮めようと思っても、なかなかうまくいかないということもあるでしょう。

お互いのことがあまり分からない関係であれば、このような状況は仕方のないことかもしれません。

あまり深く考えず、楽しくやりとりをできるように気持ちを向けられたらいいですね。

こちらの5つのコツを実践するだけでも大きく変わるはずですので、参考にしてください。

朱鳥居名古屋では、占いによる理想のお相手探しをしています。
相性の良いパートナーと結婚したいとお考えの人は、無料相談からお気軽にお問い合わせください。
お見合いをおすすめする根拠も分かりやすくお伝えし、あなたの理想のお相手探しのお手伝いをさせて頂きます!

おすすめの記事